日本にいながらグローバルな子を育てたいアラサー主婦の子育て日記

日本にいながらも我が子をグローバルな子に育てたい!と意気込むアラサー主婦。少しでもいいと思ったら何でも取り入れる、いい意味での方針ゼロ育児。でも出来ればお金はかけたくない。ケチな主婦が子どもを国際派に育てることは出来るのか?!乞うご期待!

授乳時にも使える英語♪

こんにちは、ちゃびです。

 

生後5ヶ月半のはるこさんは未だに母乳。。

離乳食の始め時を決めかねているちゃびです。

面倒そうだから出来るだけ先延ばししたいな〜なんて、母親失格かしら。許せはるこよ・・!

 

なので未だに日中は3〜4時間感覚で授乳をしているちゃび。

完母でやってきたからか、はるこは哺乳瓶をしっかり受け付けなくなりました。

そのため預けることも時々ミルクにすることも出来ず、家にいても出かけていても授乳はつきものです。

 

そんな毎日の授乳、そこでもちゃびは英語ではるこに話しかけます。

自然の環境で英語に触れて欲しいからね。これちゃびのモットー。

 

 Are you hungry?

(お腹すいた?)

Ok, I'm going to feed you!

(よし、おっぱいあげるね)

Are you full?

(お腹いっぱい?)

Let me burp you.

(げっぷさせてあげるねー)

 ※burp(バープ) ; 名詞げっぷ、動詞げっぷをさせる、という意味

バープとげっぷってなんか似てて覚えやすいのは私だけ?

 

などなど。

もちろんはるこから返答はないので完全な独り言ですが、その方が英語って話しやすいです。

会話になると、「相手に分かってもらえるかな?」とか不安になってなかなか発言できないけど、相手が赤ちゃんとなるともう全然気にならない!笑

 

発音は英語の映画やテレビを見せて覚えてもらうとして、とにかく英語に触れてもらって文章の組み立てや表現、単語などを感じてもらえればいいんです。

 

使える育児英語、実はたくさんあるし、ほとんど簡単!

中学生で習ったようなレベルで大丈夫、というかもうほとんど短文でいいと思います。

日本語で話しかけるときだって「お腹すいたの?」って短文なんだから♪

 

ではではまたーSee you next!

広告を非表示にする