読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本にいながらグローバルな子を育てたいアラサー主婦の子育て日記

日本にいながらも我が子をグローバルな子に育てたい!と意気込むアラサー主婦。少しでもいいと思ったら何でも取り入れる、いい意味での方針ゼロ育児。でも出来ればお金はかけたくない。ケチな主婦が子どもを国際派に育てることは出来るのか?!乞うご期待!

北斗晶さんの夫、佐々木健介さんのブログを読むと家族への愛を感じずにはいられない。

子育て 夫婦の関係

こんにちは、ちゃびです。

 

先日乳がんの摘出手術を行なった北斗晶さん。

手術前に綴ったブログには、感謝・不安・愛情・迷い・希望・葛藤、様々な想いが詰まっていました。

きっと読まれた方も多くいることでしょう。

 

ameblo.jp

そんな北斗晶さんの旦那さん、佐々木健介さんのブログが、これまた家族への愛で溢れていて本当に泣けます。

読んだら家族への感謝を感じずにはいられない、そんなブログです。

 

北斗晶の旦那ちゃんです!”

俺たち2人が何よりもこの時に悩んだのは、息子達の事でした。
誰よりも先に伝えなければならない、息子達にもしばらく…

《ママが乳癌だ》とは話せなかったのですが、息子達にはどう話すべきか?
父親として子供達には心配させない様に少し病気の事は軽めに話すべきか?

それとも真実を全て話して、母の体が変わる事をキチンと理解させ、癌の恐ろしさ、命をも落としかねない病気だと伝えるべきか?

父親として息子達の性格も考え悩みましたが、結果的に息子達には全てを隠さず話す事にしました。
 
今年は結婚20周年で、今日10月1日がiPhoneケースの写真と同じ様にチャコがウエディングドレスを着た日です。
結婚式を挙げて20年目の今日だから、より一層強く思う。
この笑顔が結婚30周年、40周年、50周年と、もっともっと続いてくれる様に!

今は大きな夢より小さな夢でいい、小さくても長ければ長いほどいい。1日でも多く一緒に居られる様に。
爺さんと婆さんになれる様に。


これからも山あり谷ありだろうし、泣きたくなったり、負けそうになる時もあるかもしれないけど、泣きたい時は泣く俺は泣かないとは言わない。今回だって2人で泣いて泣いて戦うことを決めたから。
 

ameblo.jp

 お母さんが乳がんになった、ということを子供達に伝えるのって、本当に勇気がいることです。

どうやって伝えたらいいのか、いつどのタイミングで?、いっその事内緒にしていようか?、私が同じ立場でも絶対に決められません。

健介さんの、家族のことを想うゆえの葛藤が本当に見て取れて、涙が出てきます。

 

”結婚式記念日!”

今日は10月1日。

俺とチャコは20年前の今日、結婚式を挙げました。

まさか20年の記念日に病室にいる事になるとは想像もしていませんでしたが、やっぱりチャコには笑っていて欲しい❗️
なので、記念日にチャコちゃんの大好きなgelato piqueをプレゼントしました~。
この部屋着、ふわふわで気持ちがいいから、大好きだって言っててね、大好きな友達のプレゼントには良く買ってるんだけど、自分のは買わないから。
ふわふわのを着せてやりたくて、プレゼントはこれにしました。
凄く喜んでくれて、その笑顔が嬉しかった~。

 
これからチャコをもっと喜ばせたい❗️

チャコをたくさん笑わせたい❗️

笑わせて、少しでも不安な気持ちを無くさせたい❗️


ameblo.jp

北斗晶さん(チャコ)を全力で愛す健介さんの想いが伝わって来て、声を出して泣きそうになりました。

パートナーが辛い時、自分に出来ることはそばにいてあげること、笑顔にしてあげること、そのためにはこっちが抱える悲しみや辛さなんて相手に勘づかせちゃいけないんだよな。

「好き好き大好き」みたいな感覚ではなく、本当の「愛」ってこういうことなんだな。

 

”男泣き”

会見のチャコも涙を一生懸命堪えながら、しっかりと癌と向き合ってる姿は凛としていて、我が女房ながらカッコよかったです!

今日は、ゆっくりゆっくりチャコが寝られますように。
消灯もないし、ずっと側に居てあげたいと思います。
改めまして、皆さん! 本当にありがとうございました!

ameblo.jp

北斗晶さんが無事に退院された日のブログ。会見をする北斗晶さんを「カッコイイ」と言う健介さん、素敵ですね。
「ゆっくりゆっくりチャコが寝られますように。」この一言に愛情がすっごく詰まってる!
 
”んーやっぱり良いな。”
んーーー女房が台所に立ってるって、やっぱり良いな。
無理しないでくれって言っても、ご飯は作りたいんだって。
子供達に久々に作って食べさせたいんだって。

些細なことが幸せに思えるんですよね〜、もうこっちまで微笑んでしまう。

 
”会ってみてビックリ”
日が回ってしまいましたが、チャコの手術が終わって1ヶ月が過ぎました❗️
日が経ったようで…まだ1ヶ月しか経ってないけど、皆さんの温かいお気持ちを頂いて、これからも少しづつでも前に進める様に頑張っていきたいと思います。

さぁ~⤴︎ チャコちゃん❗️
明日も明後日も笑って過ごせる様に、1日1日を大切に生きていこうね❗️

ameblo.jp

手術から1ヶ月が経ったということで、1日1日を大切に、という言葉がすごく重みがあるなぁと読んでいて感じました。
人生なんて、結局は1日1日の積み重ね、幸せな人生かどうかはその1日1日の過ごし方によるものなんだろうな、って思います。
 
ブログを読んで。。。
私なんかが感想を述べることが恐れ多いですが、それを承知で言わせて下さい!
ブログ1つ1つ、1文1文にあるのは、「愛」、それだけです。
妻への愛、息子達への愛、ペットの花ちゃんへの愛、ごく自然に愛情で溢れています。
読んでいて、自然と私も優しい気持ちになれ、ドンちゃん、はるこ、それから自分の家族やドンちゃんの家族に感謝でいっぱいになりました。
ちゃびは、毎日ドンちゃんとはるこに「I love you」と言っていますが、これからはもっともっと、愛情と感謝の気持ちを持とうって思います!
 
あと思ったのは、人生誰にでも、いつ何が起こるか分からない、という状況があるということ。
北斗晶さんの乳がんがそうだったように、私にだって、ドンちゃんにだって、はるこにだって、いつ何が起こるか分からない。
起きた時に後悔しないというのは無理だと思うけど、少しでも後悔が少ないよう、毎日毎日大切に、生きていこうと感じました。
 
是非、たくさんの人に読んでもらいたいと思います。
お涙頂戴、とかではなく、これを読んで自分の大切な人への愛・感謝を今一度感じて欲しいなと思いました。
 
ではではSee you next!!